「ベネッセのプログラミング教育情報」のコンテンツの利用について

本利用規約は、「ベネッセのプログラミング教育情報サイト」(以下「本件サイト」といいます)のコンテンツ(以下「本件コンテンツ」といいます)についての利用ルールを定めるものです。

1) 本件コンテンツのご利用、引用、転載などについて

本件サイトに掲載している情報・内容について、ご利用、引用、転載などをご希望される方は、下記の要領でお願いいたします。

■公的な目的によるご利用
1.研究・教育、その他の公的な目的の場合は、ご自由に引用・転載していただいて構いません。商業目的での転用(学習塾等の勧誘目的での利用など)は、ご遠慮ください。
2.引用・転載にあたっては、下記の【出典記載例】に則って、出典をご明記ください。
3.利用にあたって事前にご連絡をいただく必要はありませんが、内容を加工する場合や文脈などに変更が生じる場合は、下記の【連絡先】までご相談ください。

■刊行物などへの引用・転載
1.新聞/雑誌/テレビなどでご利用になる場合は、事前に下記の【連絡先】までご連絡ください。
2.刊行物など公の媒体に引用・転載する場合は、掲載された刊行物を一部、お送りください。

■出典掲載例
出典は必ずご明記ください。出典の記載方法は以下の通りです。
記事タイトル (㈱ベネッセコーポレーション)(URL)(○月○日にアクセス)

記載例) プログラミングで育成する資質・能力の評価規準(㈱ベネッセコーポレーション)(http://benes.se/keyc)(2017年5月27日にアクセス)

■連絡先
1.prog@mail.benesse.co.jpにてご連絡ください。
2.引用・転載した刊行物がございましたら、以下までお送りください。

㈱ベネッセコーポレーション 商品基盤本部
〒206-8686 東京都多摩市落合1-34

2) 第三者の権利を侵害しないようにしてください

ア 本件コンテンツの中には、第三者が著作権その他の権利を有している場合があります。第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:写真における肖像権、パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で、当該第三者から利用の許諾を得てください。

イ 本件コンテンツのうち第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。利用する場合は利用者の責任において確認してください。

3) 免責について

ア ㈱ベネッセコーポレーションは、利用者が本件コンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。

イ 本件コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。

2017年5月26日制定